上京物語

上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え/喜多川 泰

上京物語

この本も喜多川泰さんが書いたものです。

大学に進学するため東京に出ていく息子にあてた父親からの手紙形式の小説です。

本の中で、父親は息子に殻を破るべき常識を教えています。

1.幸せとは人との比較で決まる?
2.今ある安定が将来まで続く?
3.成功とはお金持ちになること?
4.やりたいことは、お金になることの中から選ぶべき?
5.失敗しないように生きるべき?

上記の5つは、知らず知らず当たり前のように思っていたり、考えてしまいがちなことばかりです。

しかし、この本を読んで、これらの概念の殻を破らなければいけないし、その概念に縛られない生き方をすることが、幸せになることだと改めて思いました。

福岡 腰痛

コメント


認証コード5437

コメントは管理者の承認後に表示されます。