手紙屋 蛍雪篇

手紙屋 蛍雪篇~私の受験勉強を変えた十通の手紙~/喜多川 泰

高校2年生の女の子が「なぜ勉強するのか」「なぜ人は働くのか」を手紙屋と手紙を通して考えていく本である。

僕は、「手紙屋 僕の就職活動を変えた十通の手紙」を先に読んでいたので、話の後半に話がつながっていくところが面白かった。

この2つの話は、ほぼ同時期に書かれたものらしい。

受験生だけではなく、仕事に行き詰っている人や悩んでいる人にもお勧めである。

僕は、本を読んでリフレッシュできた気分になれた。

博多 肩こり

コメント


認証コード4925

コメントは管理者の承認後に表示されます。